HOME > 寿都警察署活動レポート 
 寿都警察署活動レポート
平成29年6月寿都警察署活動レポート 
 
 本年は、5月中旬から6月中旬まで、山菜採り遭難者捜索において消防署及び地域の関係機関とともに陸と空から捜索活動を行い、遭難者の速やかな発見を目指しました。           本年は、昨年の2倍に当たる10回の捜索を行いました。
 「寿都地区暴力追放運動推進協議会」が開催され暴力団排除を目指し、引き続き関係機関等と連携して、強力に推進していくことを確認しました。我々の街に暴力団は、入れません。             
  町民一丸となっての「花いっぱい運動」、仕事が終わってから、署員も一丸となって警察署前の歩道の花壇を整備しました。
 道の駅「みなとまーれ寿都」軽トラ市会場において、地域の人々と連携を深めるため、街頭活動を行いました。北海道警察のマスコットキャラ「ほくとくん」も駆けつけてくれ、寿都町のご当地キャラ「風太君」と住みよいまちづくりに向けて約束し合いました。
平和を守る「ほくとくん」とまちの活性化を目指す「風太君」2人で力を合わせて、これからもこのまちの安全安心をつくっていきます。
 道の駅「みなとまーれ寿都」にて、北海道警察採用試験の募集活動を行いました。あわせて交通事故無事故を願って交通安全街頭啓発活動も行いました。                
 
  今月も地域の皆様のご協力のおかげで大きな事件・事故も起こることなく街の安全を守れました。引き続き「安全・安心な街」を目指し昼夜関係なく頑張っていきます。
平成29年5月寿都警察署活動レポート
1⃣ 山菜採り遭難防止と捜索救助に向けた取組 
 5月14(日)道の駅くろまつないにおいて、山菜採り遭難防止に向けたキャンペーンをおこないました。
キャンペーンは、3町村の役場・消防の職員の方々と合同で行いました。島牧村・藤澤克村長も駆けつけていただきました。参加の皆様、ありがとうございました。
ャンペーンに先立って、5月12日(木)には、島牧村・月越地区において、3町村の消防支署の皆さんと合同で捜索救助訓練を行いました。
 当日は、小雨まじりで視界も悪い中、深い笹薮をこいで山に入りました。消防支署のご指導をいただきながら、何とか訓練の目的を達成できました。本当にありがとうございました。
 3町村を中心に構成する「月越地区遭難防止対策協議会では、島牧村・月越地区を始めとするタケノコ採り入山ポイ  ント数か所の付近に「注意看板」を設置して、避難防止を呼びかけています。
「啓発チラシ」も配布して、遭難防止を呼びかけています。   
2⃣ 地域安全・交通安全に向けた取組     
 5月11日(木)警察署前において、「春の寿都地域安全運動出動式」を行いました。島牧村・藤澤克村長、黒松内町・鎌田満町長を始め、防犯協会、少年補導員、青色回転灯パトロール車など、たくさんのボランティアの皆さんが参加してくださいました。
5月7日(金)島牧村・島牧小学校において、交通安全教室を行いました。児童のみんなからたくさん質問もあり、自転車の正しい乗り方などしっかり覚えてくれました。 


 
 5月17日(水)黒松内町・黒松内保育園において交通安全教室を行いました。みんな、しっかり手を上げて安全に横断歩道を渡れるようになりました。
5月15日(土)島牧村・島牧中学校において、薬物乱用防止教室を行いました。あわせて、不審者への対策についてもお話しし、生徒の皆さんは真剣に聞いてくれていました。   
 参加、ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。大変感謝しております。今後も活動・取組内容をどんどん発信してまいりますので、どうぞ楽しみにお待ちください。